2017年2月23日木曜日

Madeira Is.

今日の夕方は14も21Mhzも JT65 で遠いところが良く入っているなあ、と思っていたら、14MHzでCT3がちらっと見えるではありませんか。

JT65ではもちろんやってませんが、他のモードでもはじめての、DXCCニューです。カスカスですが、交信終了後ダメ元でいちおう呼んで見ました。何だか周囲にも一杯別の局がいて、Enable Multi をはずして、フィルターも20Hzにしないと受信できません。

ドンピシャをはずして、離れた上下で何回か呼びましたが、どうやらCT3はあちこち見てるわけではなく、ドンピシャで呼んでる4の日本の局に応答してます。こりゃあ筋がわるいなあ、と思っていると、送ってるレポートも当局の受信と似たりよったりですから、これならできるかなあと何か予感みたいなものが。。

さらにHKの局とも同じところで交信してその周波数にドカッと腰を下ろしてるみたいです。さてこの交信終了後イザ呼ぼうと思ったら、何とまったく同じ周波数でRU0 がCQを出し始めるではありませんか。こりゃダメだと思っていたら、そのCQにDLが応えたりしてる。こりゃこりゃダメダメどころではなく、怒り心頭ですが、こんなことは日常茶飯事ですから、ガックリしてはいけません。

RU0とDLが交信している間も、あきらめず離れた上下で呼び続け、じゃまな交信が終了した直後、そのうえでCT3を呼んだところ、何と返事が返ってきたではありませんか。RU0とDLの交信のおかげで、その陰でCQを出していたCT3に気づく局もなく(多分)、当局単独でコールした形になったのでしょうか。

やっぱり何事もあきらめちゃあいけませんし、あわてずさわがず状況掌握が何事にも肝心肝心といったところでしょうか。どうやらこの局、eQSL も LoTW もOKのようなので、一丁あがり、でしょうか。これで DXCC Worked 244 になりました。


2017年2月19日日曜日

今週末の成果と昔話

今週末は ARRL CW のコンテストがあったので、ちょっとはJCAニューのおこぼれでもあるかと期待したのですが、日曜の夜現在までに一局もゲットできずでガックリ。土日にこれ以外もろもろ全部合わせてもJCAニューは今のところたった4局だから散々。

とはいっても、土曜午後はほとんど用事で外出だし、今日はじっくりあちこちワッチする気も起きずだから自業自得といえばそのとおり。

DXCCニューも1,2局聞こえたのですが、みんなARRL参加で、呼びようがない。日本の局でJCAニューも2,3局いたのですが、これも同じ。誰でも呼び合えるコンテストがやっぱし、いいんだけど。

期待するのは、eQSL とSASE でぽちぽち毎日届くJCAニューで、今日現在とりあえず10918になっったポイントが、まもなくJARLから届くカードでどこまで伸びるか。

ところで写真整理してたらこんなのが出てきました(上写真=色あせてるし)。1971年伊勢原市誕生で、JCCサービス準備中の4人(一人は撮影者)の一番前が当局。若い! 

何やってるかというと、林の中に、2エレの7MhzHB9CV建てたんです。もちろん8向け。JCCサービスで良くこんなんやったよなあ。

2017年2月17日金曜日

NAYIF-1衛星 その2

日本時間午前中の周回はどうやらトランスポンダーがオフでしたが、夜の周回では早速にぎやかにオンエアーしている様子でした。

当局も久しぶりに REV36 で QRV してみましたが、アンテナ固定でしかも送受手動調整、ではあっと言うまに目の前を衛星が通り過ぎて行く感じで、自分の信号の返りを確認するのが精いっぱい。QSOどころではありませんでした。

その様子はこちらから聞くことができます。左耳の音が送信(435)、右耳が受信(144)です。なんともはやおそまつ。

2017年2月16日木曜日

NAYIF-1 衛星


インドのロケットが一度に100個もの衛星をうちあげた、とニュースにもなりましたが、その中のひとつ NAYIF-1 衛星が今朝聞こえました。

アラブ首長国連邦初のアマチュア衛星だそうですが、昨日打ち上げられたばかりなのに、今朝の日本上空通過で、1200BPS のビーコンが強力に聞こえました。録音機のスイッチ押し間違いで音を取り逃し、なさけなや。次の周回で再挑戦。(再取得音源 EL=05.3 でもこの強さ)


トランスポンダーも積んでいますが、オープンしている感じではありませんでした。TLE は以下のものを使いましたが、AOS の時点でもえらい強力に聞こえたので、だいぶずれてるかもしれません。

トランスポンダーもこのぐらい強力に聞こえれば、久々に楽しめる衛星になるかも。




 NAYIF
1 17002U 17002A   17046.17824931 0.00000000  00000-0  00000-0 0  9993
2 17002  97.5521 107.5843 0004848 278.6481 296.8511 15.21991390    01


 Uplink          Downlink          Beacon       Mode 
435.015-435.045    145.990-145.960    145.940 SSB,    1200bps BPSK






2017年2月12日日曜日

QRM

QRMがひどくて困った、という話ではありません。RTTY WPX の真っ最中、めぼしい局はいないかと物色していたところ、RBN に IW3QRM がひっかかった(写真)。日本局のSkimmer だから、聞こえると思ったけど、当局のベランダには入り込む隙間がなかった模様。

カナダの無線局にはQ符号が割り当てられているとは聞いていたが、イタリアの局にも、しかもこんな物騒なコールが割り当てられていたとは。

ウェッブをググッてみると2年ほど前にも3の局がブログでワッチ報告してるみたいだし、RBNにもしばらくの間何回も出てきたから、間違いないかと。それにしてもこの局から呼ばれたら、何か混乱しそうですよね。

当局がこれまでコンファームしたQ符号局は、QRH, QRP, QSL, QTS の4局だけ。しかし、 とにもかくにも、JCA完成には必須のQ符号局がここにもいた、ってことだけでも、何かまた元気の素をもらったようではあります。

スティックPC

前からちょっと試してみたかったスティックPCの安いのを購入、Windows10 も入ってるし。ついでに何か役に立つかと思って、Bluetooth のMiniKB も。

最初に電源を入れてOSをたちあげる操作に、USBのKBが別途必要なのはわかっていて、たしか押し入れにあったよなあ、と探すも見つからない。あれ~もう捨てちゃったかあ。

しょうがないので近所のPCデポで1400円のUSB KBを買う羽目に。MiniKB も試してみたがOSをたちあげてペアリングしないと使えないし。

OSが立ち上がってしまえば TeamView ダウンロードして遠隔操作するから、KBもマウスもいらないので安いKBとはいえ、また無駄が。。

あとで考えてみるとUSB マウスはあったので、KBなくてもこれで初期設定できたかな。やっぱりOSたちあがらないとソフトKBも使えないからダメだったかも。

などと考えているうちに、OSも立ち上がり、遠隔操作もすんなり。ネット検索もユーチュブもそれなりに使える。ソフト一杯立ち上げると芳しくないとのことなので、とりあえず Echolink だけダウンロードしてみた。

とはいっても遊びつくしたノードをまた立ち上げても、何だしなあ。 とりあえずリビングのテレビに刺して遊ぶか、と思ったら古いテレビなんで HDMI がなかった。それなら寝室のテレビ。ガーンこっちもない。うちのテレビは古いのばっかか!

というわけでスティックPCの使い道を思案中。

2017年2月8日水曜日

UP28U**

カザフスタンのユニバーシアード記念局の運用は8日までみたいだから、そろそろ終了でしょうか。

楽勝で13局全局交信、JCAニューは7局ゲット、と思いきや、ベランダでは意外と苦戦を強いられ、DXCC並みにリキを入れても、あえなく半分に届かない6/4で終わりそう。

そもそも何でこんなのに力が入ったかというと、上のウエッブサイトのせいでしょうか。クラスターからUP28U**だけ取り出したQRV状況、コールを入れるとすぐ見える交信ログ。

ClubLog のマトリックスと同じで、何か穴埋めせにゃあかんという気分にさせる。というわけで10日間ほど楽しませてもらいましたが、おかげで他のルーチンワークがおろそかに。。