2018年8月14日火曜日

電源SW

とある機器の電源SWが壊れました。この手の単純なSWは、そう簡単に壊れたりしないのですが、どうしてでしょう。

長年使っていたり、頻繁にオンオフする場所だと、経年変化でプラスチック部分がおかしくなるようですが、そんなに使ってないし。

写真のSWですが、SWが入ったきり、切れなくなったのです。ごく普通のシーソータイプですが、SWをオフにしようとしても、カチッとならず、シーソーバネの力で戻ってしまうのです。

 シーソー部分を押し付けながらSWを切ると正常に動作したりするので、これまでダマシだまし使っていましたが、とうとう何をやってもダメ。これを想定して事前に予備SWを確保しておいたので、交換して復活。

幸いにも簡単に半田できるような配置・構造だったのでラッキー。たかがSW、されどSW で、普段あたりまえのように使っているものが壊れるとホントに困ります。

2018年8月12日日曜日

審査中

このところ、昨年から古いリグの撤去、新スプリアス対応などで、XYL局分のお手伝いも含めて、電子申請を何回も繰り返しています。

なぜ何回も繰り返すのかというと、同時にすべて1回で済まそうとすると、技適機なのに技適扱いにならなくなったりという、わけのわからない仕組みになってる、とモノの本に書いてあったから。

それはさておき、申請するとすぐ「到達」となり、「受付処理中」を経て、あっという間に「審査中」となるので、へえ~結構早いんだなあ、と思っていると、それからがちっとも進まない。

進まないというより、特に問題がなければ途中には何もなく、当局の場合は1~2週間後に、いきなり「審査終了」が来た。最近は申請が多く、審査にも時間がかかって大変なんだろうなあ、と推測したが、あれ、ちょっとまてよ。

前例のない申請内容や、間違いだらけの申請ならいざしらず、ほとんどの申請はプロならば小一時間もあれば「審査」というより「チェック」できちゃう内容だよなあ。そうか、「審査中」というのは「審査の順番待ち」も含むのかあ。

でも病院に行って、順番待ちが2時間で、先生に会うのがたった5分なのに、「診察を2時間5分もしていただいた」 とは言わないよなあ。せめて「審査待ち」という項目を増やしていただければ、いかに申請が多いかがわかって「ご苦労様です」の気持ちも湧くというもの。

2018年8月9日木曜日

AG35 と FO-29

AG-35 を南側のアンテナ直下に取り付けました(写真)。これで北側と南側のアンテナは同じ性能のはずですね。違うのは直下以降のケーブルの長さだけ、という状況となりました。

早速先日FO-29 のビーコンをワッチ。ちょうど真上を通る軌道でしたので、北側のAの位置と南側のBの位置あたりで観測。ビーコンが同じように聞こえることを期待しました。

以前は南側では聞こえが悪く、室内プリアンプを付けてもあまり改善しなかったので、「直下」ならどうだろう、というわけです。

まずAの位置あたりでは直下プリアンプONでこんな風に聞こえました。南北アンテナとも仰角は付けていないので、45度より上になるとノイズが多く聞きづらいですが、ご容赦。

一方Bの位置あたりではこんな状態。AG-35 のオンオフを繰り返して録音し、違いがわかるようにしていますが、やっぱりそれなりの効果はあるものの、S/N はあんまり良くなさそう。

ともあれ、南側でもそれなりに聞こえるようになりましたので、とりあえずヨシ、としてしばらく運用しよう。。

2018年8月8日水曜日

相互影響

北側のシャックから南側のアンテナまで約30m近く同軸を引っ張ってる、と先日書きましたが、写真がその一部。黒いのが8DFBですが、それに並行して5D2Vも。

さらには、ローターの制御ケーブル、あとから追加したエアコンのFケーブル、LANケーブル、インターホンの増設スピーカーケーブルなども同じところに敷設せざるを得ず、相互の影響が心配。

しかしもう何十年も前からこの状態を続けていますが、これまでにインターホンが勝手に鳴ったり、ノイズがやたら多いとかの悪影響はなさそうで一安心。 無線するのも苦労が絶えません。

2018年8月7日火曜日

Field Day

Field Day にちょっと出てみました。と言っても4日(土)の開始時間に遅れること30分、AJA 狙いで1200Mhz と 28Mhz に少しだけ出たものの、結局延べ2時間程度のオンエアーにとどまりました。

5日(日)は用事でまったく QRV できず、合計15~6局交信したのみ。このうち何局がAJA ニューかも不明。ほとんどが移動局で、コンテストナンバーも県レベルだから、そもそも「AJA狙い」が不謹慎か。

1200Mhzと28Mhzはほとんどオンエアーしてこなかったのが唯一の頼みの綱とはいえ、1.2Gの固定アンテナ(写真)だけではやはり心もとない。


2018年8月6日月曜日

AJA Ranking July

8月6日付けで AJA Ranking がやっと更新されました。6月締め分はすっとばして、7月末締めとなっています。

更新のあった赤文字コールサインは6~7局いますが、2か月分でですから、ちょっと寂しいですねえ。

15000超の赤字も2局いますから、頑張ってる人はがんばってるんですぅ、という感じでしょうか。ごくろうさまです。

AG-35

ICOM の430Mhz用直下プリアンプですが、もう販売していません。国内 DXer の本格派の局にはオモチャみたいな機械と思いますが、当局のような適当派にとっては、安くて小さくて、とりあえずの足しにはなりますねえ。

すでに北側のアンテナで1台使っていますが、わずか4~5mの距離なのに、あるとなしとでは大違い。約30mの同軸の南側アンテナにも1台欲しいと思っていましたが、中古店でもなかなか入荷せず。

このほどようやくヤフオクでゲットしました。ちょっと高かったけどまあいいか。さっそく室内側で動作確認しましたが、問題なし。リニアアンプ内蔵のプリアンプより感度もちょっといいかも。

さっそくアンテナ直下にとりつけを始めましたが、これで南側飛来のFO-29もまともに聞こえることを期待。