2017年7月23日日曜日

SG-231 ATU 再登場


再設置して1週間もたたない CG-3000 ですが、リセットしても同調がとれないバンドが増え、稀勢の里のように、またまた休場することが決定的となりました。

再登場するのは、やはり押し入れに眠っていた SG-231。CG-3000 と同様、コントロール線がいらないので、交換するのも楽。この ATU は以前、リレーとコンデンサーを損傷し、部品を米国から取り寄せて自分で修理したもの。その後は快調に使えていたが、一時の休養を経ての今回再登場でも、順調に動作した。

とりはずした CG-3000 は蓋を外したとたん、焦げ臭いにおい。50PFのコンデンサーが一個焼損していた。(写真)  前からそうだったのか、今回そうなったのかは定かではないが、リレー群は一見大丈夫そうな感触。

WEBをググると、リレーはパナソニックの LKG シリーズが代替品として手にはいりそう。コンデンサーは耐圧6KV のがついていたが、ムラタ製がありそうだ。時間があるときに部品をゲットして修理しておかないと、SG-231 もいつコケるかわからんし。



2017年7月21日金曜日

RTL-SDR

知り合いのハムからDT305 とかのUSB ワンセグチューナーをもらった。「余ってるから」とのことだったが、シャックのPCでテレビ見てもなんだな~あ。

と思っていたら、「RTL-282U チップが入ってるから、SDR で遊ぶといいかも」とのこと。SDR はわかるが、こんなちっこいドングルで何かできるんかいな。WEBをのぞいてみたら、ずいぶん昔からみなさん面白そうなことやってるんだあ。

さっそくHDSDR をダウンロードしてみたが、たちあがりもしない。そうかダイレクトサンプリングとかのドライバーなど2,3必要なんだ。というわけで、言われるままわけもわからず dll などゲット。

こんどは HDSDR がすんなり立ち上がった。うんうんウォータフォールだあ。とりあえず周波数を430MhzFMにして、シャックのリグの送信電波を受信してみたら、なんと受信できた(あたりまえか)。

ちゃんとウォーターフォールにも波形が出てる。(写真) こりゃあ外部アンテナつけて、いろいろブラッシュアップすれば、IC-7300 買わなくてもいいかなあ、てなわけにはいかんよなあ。。

2017年7月19日水曜日

切り替えSWのおそまつ

AJAを増やすにはやっぱり 1.9Mhzでもっと交信しなきゃ、とがんばってはみたものの、これが面倒くさい。何が面倒くさいかというと HiQ スクリュードライバーアンテナを7Mhzから1.9Mhzに移動させるのに24秒かかる。

おまけにシャントコイルのタップ位置を変えないとSWRが下がらん。ベランダに出て、防水タッパーのふたを外し、ミノムシクリップの位置を1.9Mhzに変えて、シャックに戻り、チューニングを取り直して、CQ出してる局のところに戻ると、たいてい、もうそこにはいない。

あ~あ、と嘆いてもはじまらないが、そのとき3.5MhzでJCAニューが出ていたりすると大変。1.9Mhzから3.5Mhzに移動するのに16秒かかるから。というわけであっちにもこっちにも手を出すとイライラがつのるばかりで精神衛生上よくない。

せめてタップ位置の切り替え位はSWをつけてワンタッチにしたい。というわけで早速SWをとりつけてみるとこれは楽ちん。ところが1.9MhzでチューンをとるとSWRが下がらん。どうやらSWをつけたことによって相互に影響を及ぼしてるみたい。あ~あこれだから高周波は嫌いだ。

結局SWをはずしてミノムシクリップに逆戻り。あ~あとまたまた、ため息をつきながら24秒かけて7Mhzに戻ったら、タップ位置を変えるのを忘れてた。「くそ」と投げやりになりながら、かまわずそのままチューニングを取ると、なんと1.9Mhzのタップ位置でSWRが1だ。

あれ~以前はSWR高かったのに~。とうとう我が頭もボケたか。結局1.9Mhzのタップ位置で全部OKみたい。何だかわけがわからんが、これだから高周波は好きだ。

2017年7月18日火曜日

CG-3000 再登場

不調の SD-330 と交代して、CG-3000 を押し入れから引っ張り出すこととした。本格作業は闇に紛れて夜間に行うので、それまでは南側ベランダの3バンド・ダイポールを使って凌ぐことに。

このアンテナはたしか、10、14、18Mhzの3本を束ねただけなので、予備用のイマイチ・アンテナではあったが、何と今日は大活躍。どういうわけか24も28Mhzもそれなりに乗ることがわかったのが収穫。AJA呼びまわりだと、やっぱりこういうアンテナが便利。

そうこうしているうちに周囲も暗くなり、アンテナ作業にはもってこいの環境(笑)。早速2.5mほどの釣竿にワイアーを添わせて、設置開始するも、細かい作業の準備不足で、完了は夜中の2時近くになってしまった。

翌日朝さっそく試してみると、最初は10Mhzより上の使用を想定していたが、何と3.5も7Mhzも含めて全部乘ることがわかった。一日中AJAをおっかけてみたが便利便利。心なしか以前より、チューニングが取れないことも多々あり、リセットの回数が増えた。リセットといってもATUのシガーソケットを抜き差しするだけだが面倒は面倒。

押し入れでしばらく寝ていたせいか、リレーがさぼってるのか、ヘタリ気味なのではないかと思うがまあ、とりあえずしばらくこんな調子て使ってみましょう。

2017年7月17日月曜日

SD330 不調

快調に使用し、結構飛んでくれた SD330 がこのところ不調。どういうわけか18Mhzで不安定になる。同調はとれるのだが、送信しはじめてしばらくするとSWRが高くなったり同調がはずれたり。

ほかのバンド(位置)では問題がないので、18Mhz付近で接触不良なのか。このところAJAニューをよびまくって、とくに24や28のほとんどQSO数が少ないハイバンドなどでSD330を酷使したせいか。

ちょうどいい機会なので、前からやってみたかった分解チェックを試みた。ところがどうやっても、分解できそうな所がみつからん。WEBでもコイルが見えるように分解したという報告は見かけない。壊しそうなので無理するのはやめにし、しばらく休養させることにした。

AJAであちこちのバンドを飛び回っているとやはりATUが便利なので、休養中の SG231 か、CG3000 をまた引っ張り出そう。

2017年7月13日木曜日

AJA その後

先日「とりあえず」わかってる分だけAJA を集計してみたら、5000台にしかならなくて、「こりゃ、全然ダメじゃあ」と「即撤退」宣言してみたものの、せっかく作った表がもったいない。

まだチェックしてないスキャンしてある古いカードをポチポチめくってみたら、結構 AJA ニューがぞろぞろと。「ダブりの山」ばかりと思いきや、結構これは「宝の山」かも。おまけに以前よくやってた衛星通信も集計に入れてなかったので、追加したところ、あっという間に6000を越えた。

ついでにここ2,3日 RBN やクラスターを覗いて AJA ニューばっかりゲットしてみたら、JCAをはじめたころのように、次から次へと入れ食い状態。そりゃそうだよなあ、最初のうちは。。

ハムログと連携した便利グッズがいろいろあるようですが、とりあえず写真のリストをスプレッドシート(と言っても無料の.org calc) で作ってみたが、結構使いものになるのでしばらくこれで、ひまつぶしになるかなあ。


2017年7月9日日曜日

8J1ZIU

このところ新しい記念局が一杯出ているのですが、どれもJCAニューじゃあないので、最近は記念局へのご祝儀で呼ぶ、ということもしなくなっちゃったんです。ところが先月から「おニュー」を一局発見。

「東京湾ハムクラブ創立40周年記念特別局」で、先月からときどき出ていたのですが、なかなかゲットできず。というのも、どうやら今のところ、JD1から週末だけ出ている様子で、それ以外聞いたことがないのです。

今日は IARU コンテストの合間に 18Mhz に出没、呼ぶ局も少なくて、即ゲット。来年までやってるようですし、「東京湾。。」だから、そのうち「湾岸」から出てくるとは思いますが、出来るときにやっておかないと何がおこるかわからん。

一方 IARU の方は、といえば、HQ ばかりで、JCAニューは今のところたった3局。今晩あと何局できるか、楽しみではあります。