2017年6月23日金曜日

JCA=11316

今月は昨日22日に早くもJARLからカードが届きました。CQを出さなくなってから枚数が減り、しかも普通の郵便に変更されたので、ただポストに投げ込まれているだけなのはちょっと寂しいかな。

今月届いた枚数は137枚。JCAの話ばかりで恐縮ですが、同アワードニューは38枚で、累計11316ポイントとなりました。 JCA該当局の枚数は78枚でしたが、うち40枚はすでにeQSL や ダイレクトで届いたものばかり。最近は増々こうした傾向が増えてきました。

なかには Club Log、QRZ.COM、HRDLOG、eQSL、LoTW、ダイレクト、Bureau すべて利用する局もありますから、 すごい。

2017年6月21日水曜日

JCA QSO履歴

先ごろ今年前半のJCAニュー交信局数などを勘定してみましたが、ついでなのでここ数年の数字を出してみました。今年分は昨日までの累計ですが、2013年をピークに年々交信数が減って行くのは論理的帰結ではあります。

それでもJCAニューだけで年間1000を超える数字、すなわち一日3局程度のノルマを保っているのはまあまあでしょうか。コンファーム率を考えるとやはり一日4局は交信するのが理想。交信から1、2年経つと、QSLゲット率が9割ほどになっているのはなかなかですねえ。

海外のビューロ経由は最近では3~4年かかるのが普通になってしまいましたが、これをどうにかして短縮できればなあ。 ところでこんな皮算用ばかりしていてもJCAは増えませんが、ハムログにはJCA交信マークを付けていますの
で、集計はワッチの合間にあっと言う間でした。

2017年6月19日月曜日

週末の成果

土日の2日はオールアジアCWコンテストがあったほか、国内的には Esで、ハイバンドの下から上までどの周波数でも、隙間がないほどびっしり。

にもかかわらず、当局のJCAニューは平日と変わらず、いろいろとりまぜても計7局のショボさ。そもそもAAは最近参加局が少ないみたい。もともと対アジアだから、CQを出してる海外局は少ないし、コンディションが悪いとベランダではほとんど聞こえないし。。聞こえてもJCAニューじゃない局ばかり。

RBN見てても日本の局ばっかりで、しかもマルチにも点数にもならないから、呼べないしで、交信したのはポーランドの局1局のみ。やっぱりコンテストはWPXでしょ。誰かWSXでも開催してくれないかなあ。

一方国内は、というとCQを出すスペースもなく大盛況。これならJCAニューもたくさん出てるだろうと思いきや、ほとんどいない。しょうがないので21MhzでCQを出し始めたが、なんだか誰も呼んでこない。場所を変えてCQ出しても呼ばれない。これは相当嫌われてるのか。なんだかんだで計15分はCQ出したが、ちっとも呼ばれないので退散。

 すっかりやる気をなくして最近話題の50276の JT65 をワッチするもヨーロッパねらいのCQ9DXばかり。ヒンシュク覚悟でひまそうな国内局を離れたところからおそるおそる呼んで見るも、もちろん応答なし。収穫は、昔衛星通信でアクティブだったが突然いなくなった某九州局が、JT65でCQ出してるのを見つけたこと。そうかまだ生きてたのかあ。

2017年6月17日土曜日

TN5E

ログサーチに載っていなかったTN5E は、調査依頼に応えてくれて「復活」となったことは先に書きましたが、やっと LoTW が届きました。これで DXCC CFM は 247。

他の局はペディション終了後2,3日で LoTW もらったようですが、当局のような「復活組」は「 after all busted calls are cleared 」 だそうで、それでも2週間以内に届きましたから早いほうでしょうか。

「busted call 」って言い方するんですね。QSL Manager の Charles (M0OXO)のメールによれば、当局が交信した6月3日はコンディションが良く、「JAのパイルが5時間以上続いてビックリ」とありましたから、すごかったのでしょうか。

先にLoTW をもらった6W2SC とVP2MDG からは紙のQSL も届きました。 カメレオンが体の色を変化させて緑に溶け込んでいるデザインの 6W2SC は、コールの色もわざと緑にして溶け込んでいますので、最初はどこから来たカードかわかりませんでした。

今日はまもなく AA が始まりますが、たまには CQ を出してみようかなあ。



2017年6月16日金曜日

一年の半分

気が付いてみると、今年もはや1年の半分が過ぎてしまいました。何か最近は時が過ぎるのが早い感じがするのは歳のせいでしょうか。

今年もJCAとDXCCのみに集中QRVし、1日3~4局のニュー交信を目標としてきましたが、成果はいかに。 ちょっと数えてみるとJCAニューが599局、そのうちすでにコンファーム済みが250局。

半年で半分弱のカード(eQSL 含む)回収はなかなかですねえ。年間1000局コンファームしないと生きてるうちに皆さんに追いつけないのですが、もうちょっとペースをあげないといけないかも。

そんな中、QSLカード1000枚新調しました。(写真) 相変わらずのデザインで写真を入れ替えただけですが、インクジェットがにじんでラベルでしか使えないQSLカードも1000枚近くあって、合計約2000枚のカードをいかにして減らせるか。

JCAとDXCCを呼びに回ってるだけでは、減らないよなあ。。

2017年6月14日水曜日

ラベル


以前某印刷屋さんで1000枚作製したQSLカードは、インクジェットプリンターで裏面印刷するとインクがにじんでしまって、使い物になりませんでした。表面印刷は品質も良いので捨てるのはもったいなく、手書きでSWLなどに送っていましたが在庫がはけきれません。

QSLラベルを印刷して貼り付ければいいのですが、ラベルには記入しきれない、いいろいろを書き込むことが多く、しかも最近はCQも出さないので、ラベルで発行できそうな枚数は少ないのが実情。

ところがハムログなどのラベル印刷機能では、どうやら少ない枚数を、しかもラベル用紙のどの位置からでも自在に印刷できるようにはなっていないみたい。おまけに当局はSASE用のラベルもときどき印刷しますがこれは別のソフト。

そこでハムログの印刷ソフトを改造して、少数のQSLラベルや、英語・日本語の宛先ラベルを、ラベル用紙の好きな位置から好きな枚数印刷できるようにしました。最近ソフト的なものをいじってなかったので、少しはボケた頭の体操になったかも。

2017年6月10日土曜日

VU7KP


先日18と14Mhzで交信した Lakshadweep Is. が LoTW をアップしてくれました。当初18Mhzはログサーチで JR1 と記載されていたのですが、連絡したところ訂正してもらえたひとこまも。

これで DXCC CFM は 246

やはりログに載ってなくて後で訂正してくれたコンゴも LoTW が待ち遠しい。